健康にもダイエット効果にも影響する!酵素ドリンクに含まれる添加物

添加物は食品を中心にいろいろなものに入っていますが、あまりいいイメージは持たれていませんよね?

添加物は健康に悪いと聞いたことがある人も多いのでは?

最近では無添加の商品の人気も上がっていて、それほど添加物は気にされるものなのです。

酵素ダイエットをするのに必要な酵素ドリンクの中にも添加物が含まれているものはたくさんあります。

しかしこの添加物は先ほども言った通りに健康を害しますし、それだけではなくダイエット効果にも問題を起こすものなのです。

では酵素ダイエットを邪魔する酵素ドリンクの中の添加物についてご紹介しましょう。

添加物が行う悪さと、添加物を避けた方がいい理由をお伝えしますね!

添加物にはどんなものがあるの?酵素ドリンク中の添加物の種類について

酵素ドリンクに含まれている添加物とはどのようなものがあるのでしょうか。

おおまかに分けてみると酵素ドリンクの添加物は7種類あるのです。

酵素ドリンクの中でどのような効果を持っている添加物なのか各自ご紹介しましょう。

甘味料(果糖ブドウ糖液糖・砂糖ステビア・オリゴ糖・エリスリトール・ハチミツ・黒砂糖)

植物や果実に含まれた甘い成分を抽出して作られた甘みを感じさせる添加物です。

甘味料は砂糖を使うよりもコストがかからず、甘みを感じさせるために入れられます。

一般的にコスト削減して甘みを引き出すために使われますね。

人工甘味料(スクラロース・マルチトール・アセスルファムカリウム・ネオテーム)

天然には存在していないものを使って、人間が人工的に合成して作った甘みを感じさせる添加物です。

カロリーが少ないというメリットはあるものの、消化吸収されず下痢になりやすいデメリットがあります。

香料

香料は香りがつくようにしたり、匂いの強さを高める添加物です。いい香りをつけて、酵素ドリンクを飲みやすくするために入れられています。

着色料(カラメル色素・亜硝酸ナトリウム)

色をつけるために使われる添加物です。酵素ドリンクに美味しそうな色を付けて飲みやすくするために入れられています。

保存料(安息香酸ナトリウム・パラオキシ安息香酸ブチル・ソルビン酸・亜硫酸ナトリウム)

酵素ドリンクの保存期間を伸ばすために使われる添加物です。細菌が増えることを防ぎ、酵素ドリンクの腐敗を防ぎます。

増粘剤(キサンタンガム・ペクチン)

酵素ドリンクの液体にとろみをつけるために使う添加物です。

酸味料(クエン酸ナトリウム)

酵素ドリンクをスッキリ飲みやすい味にするために使われる添加物です。

危険信号!特に体に影響を与えるorダイエットに良くない添加物

ご紹介した添加物の中でも特に注意してほしい危険信号を放つ添加物は以下の9種類です。

酵素ドリンクのご購入時には商品の成分をご覧ください。

成分を見たときにこのような添加物が入っているものはできるだけ避けた方がいいでしょう。

エリスリトール…体を冷やす作用があり、代謝ダウンに繋がりダイエット向きであはりません。
スクラロース…動物実験で母体の死亡や流産が確認されています。
       また酵素の力を削いでしまうので酵素ドリンク向きではありません。
ネオテーム…依存症を引き起こし、人工甘味料依存症になる恐れがあります。
カラメル色素…発がん性があります。
亜硝酸ナトリウム…毒性が低いと言われていますが、発がん性のリスクがあります。
安息香酸ナトリウム…危険は少ないですが、酵素の力を削いでしまうので酵素ドリンク向きではありません。
パラオキシ安息香酸ブチル…動物実験では肝機能障害や成長不良などが確認されています。
ソルビン酸…発がん性があります。
亜硫酸ナトリウム…アトピーが悪化したという報告があります。

無添加の酵素ドリンクをオススメする理由

ここまで読んでいただければ、どうして添加物が良くないのかはだいたい分かっていただけたでしょう。

そう、添加物を含んだ酵素ドリンクは健康への被害があるだけではなく、ダイエットの邪魔までしてしまうのです。

せっかくの酵素ドリンクの効き目を邪魔したくなければ、無添加の酵素ドリンクを選んだ方がいいでしょう。

また無添加の酵素ドリンクをオススメする理由があります。

無添加の酵素ドリンクで不安なところはおそらく「日持ち」ではありませんか?

保存料が入っていないということは賞味期限が短いんじゃないかと勘繰って、そこで悩んでしまっている人がいるかもしれません。

しかし酵素ドリンクは無添加のものでも、1~2年程賞味期限があったりするのです。

だからその点を心配する必要はないですね。無添加の酵素ドリンクは元から原材料を発酵することによって作られています。

発酵させたことにより長持ちさせることができ、結構長い期間もつので安心してください。

発酵しているので、元々保存料なんていらないのです。ただ開けてしまったら1カ月くらいで飲み干すことをオススメします。

保存料が入っていないので、開封後はなるべく早めにお飲みください。コツコツ毎日飲むことによって酵素ドリンクの効果が出て来るでしょう。

まとめ

添加物の知られざる脅威を分かっていただけたでしょうか?

さまざまな食品に添加物というもの入っているので、あまり過敏になることはないかもしれませんが万が一ということがあります。

酵素ドリンクに含まれる添加物が体に悪いということは知っておきましょう。

特に、妊婦さんが酵素ドリンクを飲む際には注意が必要です。

詳しくは、ベルタ酵素と妊娠中の記事に詳しく書かれていました。

そしてなるべく無添加の酵素ドリンクを利用して、酵素の力に悪い影響を与えないように飲んでください。

無添加の酵素ドリンクなら安心して酵素ダイエットを始めることができるでしょう。